GoogleAnalytics

SyntaxHighlighter

2015年7月29日水曜日

かれこれ15年以上LabVIEW使ってるけど数年ごとに「あれ? どうだったっけ?」と悩むのでメモしとく

内部に「Sub1.vi」をサブVIとして含む「Main1.vi」が、以下の様なディレクトリ構成で存在する。
  1. この「Sub1.vi」を、下図のように Temp 以下のサブディレクトリに移動した場合、
    • 「Main1.vi」を開く時にサブVIの再サーチがおこなわれ、
    • 自動的に「Sub1.vi」が見つかり、
    • 「Main1.vi」は未保存状態になる

  2. 逆に、Temp 以下のサブディレクトリに「Main1.vi」を移動した場合、
    • 「Main1.vi」を開く時にサブVIの再サーチがおこなわれる
    • しかし「Sub1.vi」が見つからず、ファイルオープンダイアログが開く
    • 「Main1.vi」は未保存状態になる
以上の結果から、
  • サブVIは親VI中に絶対パスで保管されているわけではない
  • サブVIが見つからない場合のサーチパスには、自身より下位ディレクトリが含まれる
ことがわかる。


以下のように、「Main1.vi」と「Sub1.vi」が異なるディレクトリにあるとする。
この Temp1 ディレクトリをリネームしてから「Main1.vi」を開いても、サブVIの再サーチはおこなわれず、未保存状態にもならない。

しかし、 Temp1 ディレクトリ内に作成したサブディレクトリへ「Main1.vi」を移動した場合には、
    • 「Main1.vi」を開く時にサブVIの再サーチがおこなわれる
    • しかし「Sub1.vi」が見つからず、ファイルオープンダイアログが開く
    • 「Main1.vi」は未保存状態になる
この結果からは、
  • サブVIは親VI中に相対パスで保管されている
ことがわかる。

つまり、サブVIというのは、下図のような「相対パスによるリファレンス呼び出しノード」の糖衣構文である、と見做すことができる。


……寝る

2015年6月30日火曜日

[Android] isssa

isssa』は、「一回だけサウンドファイルを再生する」というショートカットを作るアプリです。


インストールと使い方の解説を以下に記します。


2014年2月15日土曜日

[Glaeja Ext.] Gleps


『Gleps (Glaeja Ext.)』は、『Glaeja』から音声ファイルの再生をおこなわせるためのエクステンションです。


インストールと簡単な使い方の解説は以下に記します。


2014年2月12日水曜日

[Glaeja Ext.] Gletts

『Gletts (Glaeja Ext.)』は、Androidの「テキスト読み上げ(TextToSpeech : TTS)」機能を用いて、『Glaeja』からテキスト読み上げをおこなわせるためのエクステンションです。

システムにプリインストールされているTTSエンジン以外に、日本語対応のTTSエンジンを別途インストールすることで、日本語テキストを読み上げさせることも可能です。

インストールと簡単な使い方の解説は以下に記します。


2014年2月4日火曜日

[Glaeja Ext.] noobs

『noobs』は、不在着信・未読メッセージ(SMS/MMS)および任意アプリの通知の情報を『Glaeja』で取り扱えるようにするエクステンションです。

ちなみに、『notification observer』の略で『noobs』です。

インストールと使い方の簡単な説明は以下から。


2014年1月23日木曜日

[Glaeja] エクステンションのつくりかた

『Glaeja』ver.4.5.0から、「エクステンション」という外部アプリとの連携が可能になりました。

このエントリでは、エクステンションを自作するのに必要なライブラリの配布と、それを使ったサンプルコードの解説をおこないます。


2014年1月20日月曜日

[Glaeja] ♫迷い道くねくね

『Glaeja』ver.4.5.0から、カレンダー系エスケープキャラクタ「$...$」の『基準日時』をイジれるようになりました。

…で、『基準日時』ってなに?

というわけで、「$...$」における『基準日時』について以下に解説します。